Kodak EasyShare Z915 -9800円で買った光学10倍ズーム付きデジカメ -2010年08月01日 23時38分52秒

先月、中野ブロードウェイ3階にあるフジヤエービックの前を通りかかった時
ショーウィンドウの中にこのカメラが\9,800(新品)で販売されているのを見かけ
どうしようか2~3日検討した後、たまには海外ブランド製品もよいかと買ってきた。
似たようなスペックのカメラ(Canon PowerShot SX120IS)を
既に持っているのですがね(^^;

カメラの外観は一目でプラスチックと分かる仕上げで高級感は無いです
Z915-1
ストロボがレンズの真上に付いているのが特徴
この位置なら手で隠してしまう心配なし。
電源は単三電池2本、意外とグリップは持ちやすい。
この点はCanonのカメラよりいい感じ


レンズ前面(収納時)
Z915-2
レンズ銘はKODAK RETINAR 非球面レンズ使用の10倍ズーム
RETINARの名前だけだど昔、ドイツ・コダックが製造していたカメラを思い出すけど
本製品は関係ないでしょう(笑)
もしかしたらレンズが収納式なので、この名前にしたのかも?


カメラの外箱
Z915-3
外箱の文字は全て日本語以外の言語で印刷されており、日本語の文章は
箱にシールで貼り付けてあった。元々日本で売る気は無かったのでしょうね。


説明書
Z915-4
説明書もオリジナルの日本以外の物と、後から入れたらしい日本語版の2種類
オリジナルの説明書の袋に付属ソフトの入ったCD-ROMが付いているけど
使う予定が無いのでどちらも未開封だったりする。

カメラの操作系は必要な機能が大体揃っているけど、日本メーカーと比べて
反応速度が遅いので、せっかちな人には向かないかも。
液晶モニターも撮影画像を拡大すると荒く表示されるので、このモニターは
確認程度と割り切って使うのが無難かと。
細かい所を見ていくと色々不満が出てくるけど、買った値段を考えると
あまり文句も言えないか(^^;
メインカメラとしては不向きかもしれないけど、サブとして使うには面白いカメラです。

後、このカメラには動画モードもあるけど、使ってないので使用する機会があったら
書くかもしれません



ここから下はテスト撮影画像
Z915-5

Z915-6
購入を検討する時にネットで調べてみたら、コダックの製品は青の表現が
独特と書いてあったので青空をバックに撮影してみたけど、確かに独特かも。


Z915-7

Z915-8
この色もそうだけど、原色系の色が派手目に出るみたい。

Z915-9
夜の新宿駅ホーム

広角側で撮影
Z915-10

最大望遠側で撮影
Z915-11
この画角差はさすが10倍ズーム

Z915-11
いつ見ても面白いデザインだ

撮影モードをスポーツモードにして撮影
Z915-12
秋葉原駅ホーム この位の速度なら対応可能みたい
撮影時の感度がISO400、現行の国産メーカーよりはノイズが大きいかも

Z915-13
東京タワーの見える場所 空に引っ張られて露出はややアンダー

最高感度(ISO1600)で撮影
Z915-14
元のファイルを等倍で見るとノイズが目立つけど、この位に縮小すると
あまり気にならないみたい。


東京スカイツリー見物2010年08月02日 23時10分55秒

先週の土曜(7/31)は午前中は仕事で、午後から暇になったので
以前から見たかった東京スカイツリー見物に行ってきた。

確か場所が浅草近辺だったな~という、大雑把な地形把握なので(ぉ
とりあえず渋谷から地下鉄銀座線で終点の浅草に到着し、外に出た。
スカイツリー1
吾妻橋の上はカメラを持った人がいっぱい、この距離だとビルと並んで見えるのね
人が多かったのはこの日、隅田川の花火大会があった影響もある様だ。

スカイツリー2
てなわけで、まずは1枚

スカイツリー3
頂上部をアップにしてみるとクレーンが4台、やはりでかいな

とりあえず目標に向かって歩いて行ってみた、距離的には歩いていけるけど
この季節に歩くのはやはり暑くて、少々めげそうでした。

スカイツリー4
途中、水門みたいなのがある場所があったので、そこでもう一枚

てくてく歩いて行くと、建設現場に到着~
スカイツリー5

スカイツリー6
この日(7/31)の時点で高さは408m、この辺りも浅草と同様にカメラを持った人が沢山
そして自分も撮影班(笑)

この後はスカイツリー周辺を一周
スカイツリー7
まずは川沿いに歩いてみた

スカイツリー8


スカイツリー9


スカイツリー10


スカイツリー11

スカイツリー12

スカイツリー13
反対側の橋に出たので、ここで方向転換

スカイツリー14
今度は東武線の線路沿いに進んでみる

スカイツリー15
この辺りから太陽が雲から出てきたので逆光となり、露出の加減が難しい

スカイツリーー16

スカイツリー17

スカイツリー18
東武線沿いはこんな見物スペースがあったりする


スカイツリー19
一周して東武線、業平橋駅に到着。疲れたので帰りは電車で浅草まで移動

スカイツリー20
ホーム上も中々いい撮影場所かも

スカイツリー21
みんな見上げてます

撮影機材
Kodak EasyShare Z915
PENTAX K200D
SAMYANG 8mm F3.5 FISH-EYE
SIGMA  18-200mm F3.5-6.3

おまけ画像
おまけ
一周する途中、ヒュンダイの販売店を発見。まだ日本で販売していたんだ(爆)




8月に入って気が付いたこと2010年08月03日 21時31分58秒

夏の朝
今日も暑いですねー

通勤のためバスに乗ったら、料金箱にカバーが掛けてあった。
そういえば7月でバスカードの使用が終わったから、使えなくしてあるのか。

今後は現金とICカードしか使えなくなるから、料金箱回りは多少すっきりするのかな。

撮影機材
Kodak EasyShare Z915

今日も青空2010年08月05日 21時34分27秒

本日も暑い
日付は違うけど、先日と同じ場所から撮影

今日も朝からいい天気、おかげて暑い~


撮影機材
Kodak EasyShare Z915

どーもくん2010年08月07日 23時33分28秒

渋谷のNHKへ行ったら、こんな物を見つけたので買ってみた

どーもくんロールクッキー
どーもくんクッキー
本人は坂本龍馬のつもりらしい(笑)

缶の上蓋
館の上蓋
日本の夜明けは見えるのだろうか?

ロールタイプの他に四角い形のクッキーもあるのだけど、今日は売り切れ
うむ、残念

C78 -5日目 なんとなくビッグサイト2010年08月08日 23時05分44秒

8月8日(日曜)今日は午後から知人と会う約束があったので新宿へ出かけ、
用件が済んだのか午後3時位。

このまま帰っても良いのだけど、たまには違う場所へ行ってみたくなったので
新宿駅からりんかい線に乗り、ビッグサイトのある国際展示場前まで行って
ついでに会場を撮影してみた。
尚、今回の画像は魚眼レンズを多用しているので、パースがかなり普通と違います

駅を下りて、いつもの待機場所へ(ぉ
1
さすがにまだ誰もいません、当然か(ぉ

2
階段の前

3
階段の上から駅方向を眺める

4
連絡通路を渡り、ビックサイトへ

5
特徴的な建物(正式名称不明)の真下から
さすが魚眼、ほぼ真下から撮影して柱が全部入った(笑)

5-1
これは別のレンズで撮影

6
階段を上って、西ホール 旧コスプレ広場前

7
西4ホール

8
西3ホール

9
西3の上から

10
エスカレーターを下って西1ホール前へ

11
西2ホール

12
東西連絡通路-1

13
東西連絡通路-2

14
東1ホール

15
東4ホール

16
東3ホール シャッター前

17
エスカレーターで上がって、東3から東1方向へ移動

18
コミケ期間中は使えない動く歩道 今日は動いてます

19
東5ホール前 癒し系?のイベントやってました



ざっと見た所、コミケの準備はこれからなんだと思うけど
1つだけコミケ関連グッズを発見
20
自販機に謎の飲み物が(笑)

21
飲み物の名前はコミキュア、絵はみつみ美里さん 
中身はスポーツドリンクなので、この時期には丁度良いでしょう。
今日のはよく冷えていたけど、当日はぬるいのしか無いのだろうな(^^;

撮影機材
PENTAX K200D
SAMYANG 8mm F3.5 FISH-EYE
PENTAX FA35mm F2
ケンコー 魚眼コンバージョンレンズ

C78 -5日目 今日の国際展示場駅2010年08月08日 23時58分28秒

りんかい線の国際展示場駅に到着してホームに貼ってあった告知
0
コミケ当日は臨時ダイヤで運行予定

5日前だからまだポスターとか貼ってないだろうと、思ったら
既に色々貼ってあるのてちとびっくり。

ホーム上にあるポスターの絵柄は、ご覧の通り
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12


エスカレーターの両脇はまだ何もない
13
この辺は当日になれば何か色々貼り付けてあるでしょう(笑)


14
最後に駅前のコンビニ店頭にて
コミケ初日にフィギュアの発売告知が出ていた


撮影機材
Kodak EasyShare Z915
SONY α200
TAMRON 18-200mm F3.5-6.3(A14)

東京ビッグサイト土産に関する考察2010年08月09日 21時27分30秒

ご大層なタイトルだが、単に今まで発売された飲み物をまとめただけです(汗)

追記:コメントで指摘があったのですが、最初に出たと思われるのは、
2007年に発売された「聖地の珈琲」という名前の缶コーヒーがあったそうです。

そして2008年の夏コミ(C74)からペットボトル版に移行したと思われる
C74
この時の中身はミネラルウォーターで、ラベルは西又葵さん

次は2008年の冬コミ(C75)
C75
この時の中身は緑茶で、ラベルは夏に続いて西又葵さん

年が明けて2009年の夏コミ(C76)
C76
ボトルを撮影して無かったので、自販機のサンプル
中身はスポーツドリンクで、ラベルは七瀬葵さん

2009年の冬コミ(C77)
C77
中身は紅茶で、ラベルは七瀬葵さん

そして2010年の夏コミ(C78)用?
C78
中身はスポーツドリンクで、ラベルはみつみ美里さん

こうやってみると同じ人が1年間、夏と冬のラベルを担当しているみたいなので、
次の冬もみつみさんがラベルを担当?
中身も夏はスポーツドリンク、冬はお茶系みたいな感じです。

C78 -5日目 ビッグサイト内のコンビニ2010年08月10日 10時20分21秒

am/pm 東京ビッグサイト東展示場店
掲載し忘れていたので追記ー

東4ホール上にあるコンビニのam/pmが8/15 18:00で閉店し、
25日からファミリーマートになるそうです。
コミケ期間中は営業しているけど、ATM等の公共サービスは
既に停止しているみたいなので、使用者は要注意。

他に東西連絡通路内のコンビニも以前の店(店名忘れた)が
閉店して8/13にファミリーマートとなってオープン予定。
こうやってみるとビッグサイト内のコンビニは、ファミリーマートで統一みたい。


撮影機材
Kodak EasyShare Z915

ケンコー 魚眼コンバージョンレンズ2010年08月10日 11時10分36秒

今年のゴールデンウィークも終盤の5月4日、買い物の用事があり池袋へ行った時
池袋のキタムラでこいつを発見し、購入。
今まで使う機会が無かったので、今になってレポートしてます(汗)

購入価格は7800円
確か今から30年以上前のフィルムカメラ時代に発売されていた物で、
35mm版の50mmレンズに装着すると円周魚眼、100mmレンズに装着すると
対角線魚眼として使えるアダプター。
付属品は本体とケースにカメラ装着用のアダプターリング(58mm径)に
当時の取扱説明書、説明書付きは今となると貴重だなー。
アダプターリングも58mmと大きいので、ステップアップリングでサイズ変更すれば
大抵のレンズに対応可能なので助かった。

まずは説明書通り、50mmレンズに装着してみたら円周画像にならないので
はて?と考えたら、あぁ、デジカメの画面サイズがAPS-Cと35mm版より小さいので
円周表示とならないのか。
そんなわけでAPS-Cで52.5mm相当になる35mmレンズに装着し、カメラ本体と連結
カメラ込みだとこんな外観
なんかもの凄く怪しい外観ダー(笑)

使用方法はまず元となるレンズ側の絞りは開放にして、絞りは魚眼アダプター側の
絞りを動かして露出を調整するので、カメラの露出モードを絞り優先AEにして
レンズの絞りを開放値に設定。
説明書によると元のレンズの距離設定が無限大の時、1m~∞までピントが合う
と書いてあるからAFはOFFにしてレンズの距離を無限大に設定。
大抵の撮影はこれで問題ないでしょう。
後は撮影あるのみ(笑)

撮影場所はC78 -5日前の東京ビッグサイト
画面左右の黒い所はトリミングして若干レタッチを実施
ビッグサイト入口

西ホール天井の照明

西ホール3の上から

西3と4ホールの間から下を見る


肉眼じゃ、一目で見渡せないアングルですな

円周画像なので、気が付かないで撮影すると傾きます(汗)

連絡通路上より

同じく連絡通路上より

連絡通路を下りて駅へ向かうルートより


りんかい線 国際展示場駅改札付近


対角線魚眼でも難しいのに、円周魚眼だとそれ以上に使うのが難しいですー。
レンズ性能としては、古い製品なので色々とアラが出ているけど、
手軽に魚眼の風景が楽しめる製品として、もし廉価で見つける事が出来たら
購入しておくと楽しいかと思います。


撮影機材
PENTAX K200D
PENTAX FA35mm F2
ケンコー 魚眼コンバージョンレンズ

カメラとアダプター本体撮影は
SONY α200
TAMRON 18-200mm F3.5-6.3(A14)