Core2 Duo から Ryzen 5 へ乗り換え2019年03月24日 01時19分30秒

2013年にメインからサブPCとして使用してきた自作デスクトップPCですが
使用しているCPUが Core2 Duo E6850 (3GHz)と結構古くて、
Windows 10で使用しているとCPU関連で負荷が高くなって処理が遅くなるのと
グラボ周りの接続が怪しくなってきたのか、使用中にフリーズ→再起動を起こす事が
頻繁に発生してきたので、この前の出張中にホテルで次期マシンの構成など考え
先週の土曜に新しいパーツを購入。

購入パーツ一式
今回買ってきたのはマザーボート・CPU・メモリ・OSの4点。
他のパーツは今使用中のマシンから流用。

買ってきた物
ASUS TFU B450-PLUS GAMING
マザーボート (ASUS TFU B450-PLUS GAMING) 税込\13,140

Ryzen 5 2600
CPU (Ryzen 5 2600) 税込\18,680

6コア12スレッド
この値段で6コア12スレッドとは安くなった物だ。
AMDのCPUを使うのは初代Athlon以来だから、大体18年ぶりかな?
あの頃はクロック周波数が1.33GHzだったなぁ。

CFD W4U2400PS-8GC17
メモリ (CFD W4U2400PS-8GC17) 税込\11,930
マザーボードは最大64GBまで搭載可能だけど、とりあえず16GBもあれば充分か。
後日増設するのもアリだし。

Windows10 Home
OS (Windows10 Home) 税込\15,820
マザーごと新しくしたので新規購入。CPUの次に高いパーツ(^^;

上記4点以外のケースと電源、ビデオカードは前から使用しているパーツを使用し
起動ディスクは
PATRIOT BLAST 480GB
昨年の夏にグラボ故障でご臨終となった、これまたCore2 Duo搭載の
エプソン製ノートPCで使っていたSSD(480GB)を流用致します。

大体部品も揃ったので組立~
旧マザーボード
まずはPCからマザーボードを取り外します。
2007年に買ったから約11年と少々使用した事になる、お役目ご苦労。

電源
CPUの消費電力が前と同じ65Wだから、このまま使用します。

CPU取付-1
まずはCPUを取り付けます。

CPU取付-2
CPUソケット横にあるブラケットを取り外します。

CPU取付-3
理由はCPU付属のクーラーでは、このブラケットが必要無いので。

CPU-1
そしてCPUの箱を開封

CPU-2
箱を開けて上にある緩衝材を取ると

CPU-3
こんな感じ。大部分がCPUクーラーで、本体のCPUは横に

こんな風に入ってます。

CPUクーラー
CPUクーラー 上から

CPUクーラー 裏側
CPUクーラー 裏側、CPUの接触面にグリスが付いているので取扱注意。
先程マザーのブラケットを外したのは、クーラーを直接ネジ止めする
構造になっているので。

CPU取付開始
マザーボード上のレバーを持ち上げて

CPU装着
CPUを取付。この時、CPU左下の△マークの向きに注意しないと破損します。

CPUクーラー装着
CPUを装着したら、クーラーとファンの電源ケーブルも取付。

ル森取付-1
次はメモリの取付

メモリ取付-2
説明書を読むと、メモリ2枚の場合、A2とB2ソケットに差し込むとの事。

メモリ取付-3
メモリ取付終了。この後はケースにマザーボードを組み込みます。

電源スイッチ等のピン
今回の組立で一番困ったのが、電源やリセットSWのピンアサイン。
説明書に記載が無く、マザーボート上の印刷ではイマイチ本別しづらいので
どうしようかと悩んだ結果、メーカー(ASUS)のサポート情報に
ピンアサイン一覧のPDFファイルがあったので何とかなったけど、
こういった情報は説明書に記載し欲しい。
※メーカーサポート情報にマザーボードの説明書PDFもあるが改版してあるらしく、
 そちらの方にはピンアサインが記載してあった。

ケース取付
電源及び各種ケーブルの取付も完了。
ビデオカード(RADEON RX460)はそのまま使用。

BIOS画面
そして電源の投入、BIOS画面でたー。
電源やリセットSWの配線も間違えずに接続出来た。

光るマザー
最近のマザーボードは色々光りますねぇ。
付属のソフトで光り方を色々設定出来るみたいだけど、
特に必要無いので入れません。

この後はWindows及び各種ドライバ類のインストールと
前のPCからデータの移動とかやってひとまず作業終了。
さすがに現行スペック、前のPCと比べるとかなり快適に動きます。

今回久しぶりにPCのマザーボード交換を行ったけど、
接続端子の種類が以前より減った事もあって、説明書の内容が
随分と簡略化された気がする。
その割に電源SWのピンアサインとか肝心な事が抜けているのは減点です。


一通り設定とか済ませた後、パーツを1つ追加
IDEカード
特に必要無かったのだが、パラレルATAカードを追加(爆)
これで以前買ったZIPドライブを使用できます(^^;

Ryzen 5 2600 搭載PCの性能確認2019年03月24日 03時34分05秒

先日組んだRyzen 5 2600 搭載PCの
あまり役に立たない性能確認結果など出してみる。

1.CPU単体
Core 2 Duo E6850
Core 2 Duo E6850-1

Core 2 Duo E6850-2

Ryzen 5 2600
Ryzen 5 2600-1

Ryzen 5 2600-2
さすがに10年以上違うと性能が違います、特にマルチスレッド性能とか。

Core i 7 3770
Cori7 3770-1

Cori7 3770-2
参考としてメインPCのCPUの性能も計測してみたけど、
この世代のCore i 7より性能が上がってますね。

2.SSDのRead/Write性能
B450チップセットではSATA 1~4ポートとSATA5,6ポートでは
制御チップの種類がが違うらしいので比較など。

SATA-1ポート
SATA-1 Port

SATA- 5ポート
SATA-5 Port
比較すると、SATA-5,6ポート側の方が若干遅いみたい。

SATA-5のドライバがOS標準のドライバだったので、
AMD製のSATAドライバに更新した結果
SATA-5 Port (AMD SATA Driver)
多少速度が上がりましたが、僅かにSATA-1ポートの方が速い模様。
将来M.2接続のSSDを購入するまでSATA-1側で使います。


3.参考にならないベンチマーク結果
以前、コミケで買った同人ソフトでのベンチマークなど(^^;

ガルパンウォーズ
ガルパンウォーズ-1

ガルパンウォーズ-2

ガルパンウォーズ改
ガルパンウォーズ改

ガルパンウォーズ改_結果

艦これWARS
艦これWARS

艦これWARS_結果

第二次艦これWARS
第二次艦これWARS

第二次艦これWARS_結果

第三次艦これWARS
第三次艦これWARS

第三次艦これWARS_結果

艦これWARS Sp
艦これWARS_Sp

艦これWARS Sp_結果
過去のデータは日記から探せば出てくるけど、
Core2 Duoより確実に性能は上がってます(当然か)

以上、あまり参考にならないベンチマーク結果でした(汗)