自転車で小田原から熱海まで2016年12月06日 23時43分46秒

先週の土曜日、会社の懇親会という名前の宴会が熱海で行う事となり、
当日の移動は午後5時までに熱海の旅館に到着すれば良いとの事だったので、
電車での移動時間を調べている時、乗り換えで下車する小田原駅と目的地の
熱海駅の距離を何となくGoogle先生で調べてみたら、海岸線を走るルートで
約25㎞位の距離らしい。

この位の距離だったら自転車で行けるかな?と思ったので
小田原駅前にて
実際に走ってみました(爆)

どの位の時間がかかるか不明だったので小田原に午後12時半位に到着。
この時間から走れば5時前には到着出来るだろうと、かなりアバウトなスケジュール。

小田原駅を出発し、小田原城の横を通過して海岸線の道路に出てみたけど・・・
実際に走ってみたら、交通量多い・道幅狭い・路肩に逃げ場無しと、自転車では
かなり無理のある道でした。
そんな関係でカメラを構えている余裕が無かったので、ここら辺は画像無しです。

別のルートを探している時間も無かったので、Google先生の指示で
海沿いを走っていたけど、途中、急坂を上る事となり
いつの間にやら海が遠くに(汗)

まあ、上りの後は下りなので多少は楽だったけど、最後の湯河原→熱海間の坂が
緩い上り勾配がずっと続く道だったので、体力を消耗した所に上りとなり
ペースがかなり低下、一休みしている横を電動アシスト自転車が楽そうに
坂を上がっていくのを見て、羨ましいとか思ったり(^^;

それでも何とか進んで熱海駅に到着、距離にして約25㎞、休憩も含めて到着まで
約3時間少々の旅でした。
熱海到着
この駅も坂の上にあるので、結構きつかった。
本来はこの駅に来る必要は無かったのだけど、とりあえずのゴールということで。

この後は駅から旅館まで走って何とか到着したけど、道路脇の排水溝から湯気が
出ていたりする風景を見ていると、温泉街なんだねぇ、とか思ったり。

旅館に到着した後は本来の目的の宴会が始まって、終わった後に軽く温泉に入って
汗を流した後、なぜか部屋で午前3時まで二次会に突入(ぇ
さすがに疲れたので、この日はよく眠れました。

一夜明けて日曜日、朝の9時近くまで寝ていた後、朝食を取って旅館を出発


出発前に旅館の窓から外を眺めたけど、坂の多い街ですな。

帰る前に一度海の方へ


週末の土日は気温も高くて、12月とは思えない天気だったので
走っている最中はかなり暑かった~。

当初は帰りも自転車で小田原まで戻ろうかと思ったけど、
行きの道路状況を見た結果、熱海から電車で帰る事に決定。
こういうとき、折り畳み自転車だと気楽に電車で運べるので便利ですな。
でも最後に新宿駅から自宅まで、自転車で自走して帰ってきました。

今回の走行距離
今回の走行距離

小田原→熱海間と、新宿駅→自宅までの合計で約38㎞の道のり。
ここで終わればいいのに、少し休憩した後、秋葉原へコミケカタログを買いに
行ったから余計に疲れました(汗)



今回、久しぶりにBD-1で走ったけど、車体側も若干手を加えてます
ハンドル交換
純正のストレートハンドルだと、長時間乗っていると手首が少々痛くなるので
若干手前に曲がった形状のハンドルに交換。
走ってみた結果、大分手首周りが楽になりました。

ライト追加
自転車店のワゴンセールでUSB充電式のライトが約\1,000で売っていたので追加。
隣のライト程明るくないけど、ポジションランプ代わりにはなります。
今回は日暮れ前に到着したので出番無し。

ヘッドライト3灯
フロントタイヤ脇のライトと合わせて、ヘッドライト3灯装着状態。
これだけあれば夜間も何とかなるだろう(^^;

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私のハンドルネームは何?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://seijinn.asablo.jp/blog/2016/12/06/8269607/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。